大阪梅田・コンコース解体

実は私が門司旅行をしている時に解体のニュースを見たのですが、その時点で解体作業前のコンコースを見るチャンスは残り1日という事でした。
結局完全な状態のコンコースはもう見ることが出来なくなってしまいましたが、昨日映画の帰りに写真を撮ってきました。

梅田のコンコースについてはSankei Webから引用させて頂きます。


昭和モダニズムの薫り漂う阪急百貨店梅田本店の1階コンコースの天井部分が13日夜、改装に伴い姿を消す。約75年にわたり、大阪の歴史とともに歩んできただけに名残を惜しむ市民も多い。

 コンコースは昭和初めの1929年に阪急電鉄梅田駅ホームの玄関口として建設。梅田駅が現在の場所に移設した71年以降は通路として残された。

 欧風デザインのアーチ形天井部分には、シャンデリアがつるされているほか、ガラスモザイクを用いた壁画で飾られ、当時の面影を色濃く残している。建物を管理する阪急電鉄によると、シャンデリアと壁画は保存するという。

 携帯電話のカメラで写真を撮っていた兵庫県尼崎市の主婦(54)は「阪急梅田といえば、ここのイメージ。思い出も多く、正直さびしい」と話した。13日の百貨店営業終了後、天井部分に覆いを施し、工事に入る。

 また、改築に伴い阪急百貨店は13日まで、店内で使われていた家具など計100点を入札販売する。


消える阪急百貨店のコンコース 名残を惜しむ市民の声も

このコンコースに限らず、歴史的にも非常に重要な建造物等を建て替えという名目でよく解体されるというニュースを見ます。
何でもかんでも新しいものが良いとは限らないという典型的な例ですよね。
私としても生まれてから梅田へ行けばいつも見ていたコンコースだけに、是非とも存続させて欲しいと思っていましたが我々の声は届きそうにありませんね(泣

温故知新という言葉が虚しく私の中で響いています…



a0032600_18202064.jpg

a0032600_18203117.jpg

a0032600_1820414.jpg



written by suguyan
[PR]

  by nisuguyan | 2005-09-21 18:21 | 雑感

<< バトン、BARに残留発表! チャーリーとチョコレート工場 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE