ボーダフォン、社長に元ドコモの津田氏に

先月の契約者数が純減するなど苦戦が続いているボーダフォンですが、
新社長にドコモの津田元副社長を招聘するという驚愕の人事を発表しました。
ボーダフォンはユーザー無視と言っても良い施策を数々やってきた結果、加入者は伸び悩み続け遂に先月は純減に転じる等、大苦戦を強いられて携帯業界はドコモとauの2大勢力へと集約されつつあります。
そんな状態を打破しようと色々考えたのでしょうが、まさか津田氏を招聘するとは思っていませんでした。
津田氏といえば、ついちょっと前までドコモの時期社長最右翼とも言われていましたがNTTの意向で中村氏が社長になり、副社長を退任した人物です。
彼はドコモで数々の経験を持っているのでこれからボーダフォンをどのように立て直していくのかその手腕に注目が集まります。聞くところによるとドコモの中でも珍しく悪いことは悪いとハッキリ言える人だったそうなので、ボーダフォンを本当に改革出来る救世主になるような気がします。
まぁいくら頑張ったところで“英国本社の意向”とやらで抑えられてしまったらどうしようも無いですが…その点を含めても改革してくれることを期待します!
ボーダフォンとしても本気で日本市場で成功したいのならば彼の社長就任と共に企業としての考え方をもっとユーザー想いにしていかないと簡単に立て直せる程甘くないでしょうね。

先日私は知人達と久々に再会して飲み会をしたのですが、その席でもボーダフォンの評価はかなり酷いものでした。
「うちの大学では圏外」だとか「ボーダフォンって良くないらしいね」、「最近ボーダフォンの人がどんどんドコモとauに変えてる」等など。
これが現実なので、このイメージを良い方向へと正すには並大抵の努力では無理でしょうね。
一時期のauもこんな感じの評価でしたが、ひたすらサービスの改善とイメージ戦略を両立させて進めた結果現在の好調さがありますからね。

日本の携帯電話市場を知り尽くした津田新社長の手腕に注目しましょう!


関連
衝撃の人事――ボーダフォン新社長は、元ドコモの津田氏


written by suguyan
[PR]

  by nisuguyan | 2004-08-18 16:14 | 時事

<< オーストラリアンシェパード(;... アテネ五輪開催中ですが >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE