プロ野球 来期はセ6・パ5の2リーグ制へ

今日行われたオーナー会議で近鉄とオリックスの合併を承認して来期はセ・リーグ6球団・パ・リーグ5球団の2リーグ制維持という結論が出ました。
また、5球団になるパ・リーグは変則になってしまう為、セ・リーグとの交流戦も実施するとのことです。
しかし、選手会側は合併の1年間の凍結を求めてスト決行するということだったのでこれでストが決行されてしまう可能性が高くなってしまったようです…

ただ、選手会側がもう1つ要求していた新参加球団の加盟料60億、球団保有者変更に伴う参加料30億の参入障壁の変更を検討することも判明しました。
この辺りで選手会側とオーナー側が妥協点を見出してストが決行されないことを祈ります…

阪神ファンの私としては関本選手がストになった場合あまりにも可哀想なので。。。
関本は残り試合全部フルに出て、1試合平均4打席以上だと自信初の規定打席に到達し、今の打率だと打撃成績4位争いぐらいになります。
しかしストが決行されれば規定打席到達は不可能に。

このようにストが行われると球団関係者やファンだけではなく、選手自信にとっても大きな問題なので回避してください!!!
これがファンの切実な声だと言うことを分かっていただきたいです(;´Д`)


来季のプロ野球、セ6・パ5の2リーグ制・交流戦も

プロ野球、来季はセ6パ5の2リーグで オーナー会議


written by suguyan
[PR]

  by nisuguyan | 2004-09-08 18:42 | 時事

<< オリビエ・パニス引退 Honda Mission B... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE